文藝春秋digital

【楽天・三木谷浩史】マー君、東京五輪、携帯料金……僕が今考えている全てのこと

【楽天・三木谷浩史】マー君、東京五輪、携帯料金……僕が今考えている全てのこと

「世界初の技術」でプラットフォーマーになる——。三木谷浩史(楽天会長兼社長)が脳内で描いている未来とは。/取材・構成=大西康之(ジャーナリスト) <summary> ▶︎実は、田中将大が7年前にヤンキースに移籍する際、「現役バリバリの時に帰ってきてね」と伝えていた ▶︎コロナ禍は、三木谷氏が携帯料金の値下げに踏み切った決断のきっかけのひとつ ▶︎楽天が2023年に人工衛星を使った通信ネットワークの構築を目指している 三木谷氏 しばらくは声援の我慢を 東日本大震災から1

スキ
9
がん医療の新常識 楽天・三木谷浩史が167億円出資した「光免疫療法」の全貌

がん医療の新常識 楽天・三木谷浩史が167億円出資した「光免疫療法」の全貌

2012年、悪童だった三木谷を放任主義で育てた最愛の父・良一にすい臓がんが見つかった。三木谷は父を救うため、奔走する。そして、アメリカである治療法に出会った。「インターネットに出会った時と似た感覚」と三木谷氏が振り返る画期的治療法の全貌とは?/文・大西康之(ジャーナリスト)

スキ
1