文藝春秋digital

常套句を繰り返し、核心をそらす…安倍首相の「言語能力」がこの国を壊した

常套句を繰り返し、核心をそらす…安倍首相の「言語能力」がこの国を壊した

安倍首相の言語感覚は、戦後の権力者の中で最悪のレベルにまで堕ちた。言葉は、人々が危機的な状況に置かれているときには、極めて重要だ。そんな人物がトップの座についているこの国の未来はどうなるのか。/文・柳田邦男(ノンフィクション作家) 柳田氏 危機管理の大失敗 新型コロナウイルスの感染者が、日本国内で増え始めるや、風邪のような症状で不安を感じた人たちが保健所などに電話で相談しても、その程度の症状なら自宅で安静にしていてくださいと言われて、PCR検査さえ受けさせてもらえない。

87
柳田邦男【再検証・コロナ対策】 この国の「危機管理」を問う|“リスク分析先進国”ドイツと日本は何が違うのか

柳田邦男【再検証・コロナ対策】 この国の「危機管理」を問う|“リスク分析先進国”ドイツと日本は何が違うのか

欧州で新型コロナウイルスが猛威を振るう中、なぜドイツだけ格段に致死率が低かったのか。そこから学べる教訓とは何か。一方、「危機管理の絶対条件」が欠落していた日本政府の対応は何が問題だったのか。数々の災害、事故を取材してきたノンフィクション作家の柳田邦男氏がコロナ対策を再検証する。/文・柳田邦男(ノンフィクション作家) 柳田氏 最悪のリスクをシミュレーション 中国の武漢で、後に新型コロナウイルスと名付けられる、未知の肺炎患者が相次いで発生し始めた2019年12月から遡ること

27