文藝春秋digital

伊達公子が語る大坂なおみ「全盛期はまだ先にある」

伊達公子が語る大坂なおみ「全盛期はまだ先にある」

2020年9月、大坂なおみは全米オープンを制し、22歳にして自身3度目となるグランドスラム制覇を達成した。2021年、東京オリンピックが開催されれば、日本代表としてメダルも期待される。 彼女が16歳の頃からプレーを見ている日本テニス界のレジェンド、伊達公子氏がその未来を語る。 伊達氏(元プロテニスプレーヤー) 彼女は変わった 2019年、大坂選手は年初の全豪オープンで優勝して世界ランク1位になりました。コーチの解任などもあってちょっと調子を落としましたが、シーズン後半

9
「多様性を体現しているトップアスリート」大坂なおみからボクらが学ぶこと|澤円

「多様性を体現しているトップアスリート」大坂なおみからボクらが学ぶこと|澤円

自分の意見をしっかり言える強さと、ユーモアを忘れないチャーミングさ。大坂なおみ選手の「生きざま」は、なぜ多くの人を惹きつけるのか。圓窓代表の澤円さんが、大坂選手の「かっこよさ」の秘密に迫ります。 新型コロナウイルスに関する情報が日々報道される中において、大坂なおみ選手の全米オープン2回目の優勝は、とても嬉しいニュースでした。 スポーツ選手を独自の視点でとらえる「Number Web」でも、大坂選手の優勝が大きく取り上げられていました。〈「あなたが受け取ったメッセージは何で

6
批判も称賛も力に…大坂なおみが世界に愛される理由

批判も称賛も力に…大坂なおみが世界に愛される理由

7枚の黒マスクが人々を動かした——。22歳のスーパースター・大坂なおみはなぜ愛されるのか。/文・及川彩子(在米スポーツライター) <この記事のポイント> ●大坂は、人種差別について多くの人が考え、「反人種差別主義者」になってほしいと願っている ●オピニオンリーダーやアクティビストと呼ばれたいわけではない。感謝されることにも少し戸惑いがある ●スポーツ選手はスポーツのことだけ考えていればいいという考えはもう過去の遺物になっている 「ナオミはテニス界の光だ」 勝利が決まると

20
最新最速メダル予想! 大坂なおみ、渋野日向子は金を取れるか?

最新最速メダル予想! 大坂なおみ、渋野日向子は金を取れるか?

文藝春秋による、最新最速金メダル予想。本命、大穴、サプライズ……。日本は目標の30個を獲得できるのか。そして、メインポールに日の丸を揚げるのは誰だ⁉/文・矢内由美子(スポーツライター) 金メダル獲得数を更新できるか?  来年はいよいよ東京五輪イヤーとなる。日本オリンピック委員会が掲げる金メダルの目標数は、16個を獲得した1964年東京五輪の約2倍に相当する30個だ。日本が最も多くメダルを獲得したのは前回の2016年リオデジャネイロ五輪の41個(金12、銀8、銅21)で、金

2