文藝春秋digital

恵み深く高潔であれ|松尾貴史

恵み深く高潔であれ|松尾貴史

著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、松尾貴史(タレント・コラムニスト)です。 幼稚園の頃、神戸のフラワーロードから三宮センター街、元町の南京町をくねくねと通園していた。帰りは百貨店やら本屋、玩具屋などに寄り道をするので、行きの3倍の時間がかかっていた。しかし土曜日だけはどこにもよらず、一目散にトアロードと商店街のぶつかる角にある「ドンク」というパン屋の2階の喫茶店で、母と待ち合わせてカツサンドとクリームソーダのマリアージュを楽しむ習わしがあった。 母は英語

12