文藝春秋digital

連載小説「ミス・サンシャイン」#12|吉田修一

連載小説「ミス・サンシャイン」#12|吉田修一

【前号まで】 昭和の大女優・和楽京子こと石田鈴の元でアルバイトをする岡田一心は、鈴の親友、林佳乃子の娘・寿子と会い、鈴と佳乃子の別れについて聞く。またある日、彼は鈴から軽井沢へのドライブに誘われる。近頃、鈴の姿が頭から離れない一心は、二つ返事で承知したのだった。 ★前回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
4