文藝春秋digital

霞が関コンフィデンシャル<官界インサイドレポート>

霞が関コンフィデンシャル<官界インサイドレポート>

日本を動かすエリートたちの街、東京・霞が関。日々、官公庁を取材する記者たちが官僚の人事情報をどこよりも早くお届けする。 ★異例人事に前首相の影 昨年12月25日に発令された異例の人事が外務省内で波乱を呼んでいる。杉山晋輔駐米大使(昭和52年、外務省入省)が退任し、冨田浩司駐韓大使(56年)が就任するというものだ。 12月8日の各社報道も不可解極まりなかった。まだ閣議決定もされておらず、冨田次期大使のアグレマン(承認)も米国側に提出されていない段階での一報だった。 「バ

スキ
8
「いつまで権力者気取りなんだ…」菅首相が目論む“桜捜査で安倍封じ込め”

「いつまで権力者気取りなんだ…」菅首相が目論む“桜捜査で安倍封じ込め”

再々登板待望論の安倍を襲った「桜捜査」と、そこにチラつく菅の影。/文・赤坂太郎 <この記事のポイント> ▶︎菅首相は早くも安倍前首相の描いてきた航路からの離脱を目論んでいる ▶︎「桜を見る会」を巡るスキャンダルは、菅サイドがNHKや読売新聞に対し、積極的に報じるよう強く促していたという関係者の証言がある ▶︎菅首相は周囲に「安倍氏はいつまで権力者気取りなんだ」と吐き捨てたという 暗闘の結果 「安倍政権の継承が私の使命」 そう言い切って日本の操舵輪を簒奪した首相菅義偉は

スキ
7
飯間浩明の日本語探偵【つ】「募ったが募集せず」なぜこれで済むのだろう

飯間浩明の日本語探偵【つ】「募ったが募集せず」なぜこれで済むのだろう

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【つ】「募ったが募集せず」なぜこれで済むのだろう 前々回にも触れた「桜を見る会」をめぐる攻防では、ことばの使い方について、何かと衝撃的な実例を見ます。 とりわけ驚いたのは、首相の「募る・募集」に関する発言でした。1月28日の衆議院予算委員会で、野党議員から「(地元事務所が会の参加者を)募集していたことをいつから知っていたか」と問われ、首相はこう答えました。 「私はですね、幅広く募っていると

スキ
4
安倍首相主催の「桜を見る会」と堕ちた官僚たち。問題点はここだ!

安倍首相主催の「桜を見る会」と堕ちた官僚たち。問題点はここだ!

「普通に汚職ですよ」ある官僚は言い切った。たかが花見と侮るなかれ。この問題は、ここまで緩んだ長期政権と総理の周りにいる官僚たちの成れの果ての姿である。/森功(ノンフィクション作家) 安倍政権から招待客数が膨れ上がった 「観光バスを連ねて馳せ参じた大勢の地元後援者」や「ホテルニューオータニ前夜祭の有権者買収疑惑」。「招待者名簿という公文書の廃棄」から「年々肥大化する行事支出」。さらには「首相夫人とデリバリー業者との蜜月」や「紛れ込んだ反社会勢力との交友」……。  内閣総理

スキ
48
「桜を見る会」で再浮上する岸田総裁論

「桜を見る会」で再浮上する岸田総裁論

安倍一強が揺らいでいる。閣僚の連続辞任、「桜を見る会」と相次ぐ不祥事。そんな中、「ハト派による改憲」シナリオが台頭してきた。すなわち、次期総裁として、岸田文雄が浮上してきたのである。/文・赤坂太郎 相次ぐ不祥事の中、「ハト派による改憲」シナリオが台頭してきた  存外、権力の行く手を嗅ぎ取る感覚はその外周円の方が鋭いのか。安倍晋三が最長首相となる3日前の11月17日、東京都・信濃町の創価学会総本部。公明党の支持母体・創価学会が、任期満了を迎えた原田稔会長の「再任」を決めた。

スキ
10
塩野七生「日本人へ」 危機を甦生に

塩野七生「日本人へ」 危機を甦生に

文・塩野七生(作家・在イタリア)  帰国して日本にいると、やはり面白いことに出会う。「桜を見る会」もその一例。参院の予算委員会での田村智子議員の、質問を重ねることでの追及ぶりは見事だった。  まず、この種の席ではありがちな感情的なところは少しもなく、声も荒らげずに理路整然と追及するところがよい。しかも、首相がそれに答えるやただちに別の角度から球を投げてくる論法に至っては、この人、文章が書けるなと思わせる出来で、テレビ中継を見ていた私は、このまま起せば立派に一文になると感心

スキ
32