マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#林芳正

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

霞が関コンフィデンシャル 官僚気分が抜けない木原官房副長官、財務省「泥酔暴行」事件の後始末、警察庁「平成5年組」の台頭、厚労省「次官候補」の不安材料

日本を動かすエリートたちの街、東京・霞が関。日々、官公庁を取材する記者たちが官僚の人事情報をどこよりも早くお届けする。 ★官僚気分が抜けない岸田文雄内閣の経済政策立案において、木原誠二官房副長官(平成5年、旧大蔵省入省)が、嶋田隆首相秘書官(昭和57年、旧通産省)を抑え、優位に立ったと言われる。 5月の大型連休中に岸田首相はロンドンの金融街シティで講演し、「インベスト・イン・キシダ」(岸田に投資を)と呼びかけたが、この演説は木原氏が中心となって作成。昨年の総裁選以来、「新

スキ
17

林芳正「同志を募り、手を挙げる」

「ポスト岸田」“本命”が明かす政権構想。/文・林芳正(外務大臣) 林氏 「イマジン」の演奏で国際会議デビュー ――2021年12月12日(日本時間)、外務大臣に就任されて初めてのG7の外相会議でジョン・レノンの「イマジン」をピアノで演奏され、個性的な国際会議デビューを果たされました。 林 そうですね(笑)。すこし前に、米国のブリンケン国務長官と電話会談をしていたのですが、彼もバンドでギターを弾いていることを聞いて、G7が開かれるリバプールでは音楽の話もしたいね、と話して

スキ
7

次の総理、5年後の総理 政治記者123人が選んだ

文・本誌編集部 政権の真価を問われるのはこれから 岸田文雄首相の在職日数が、1月11日で100日を迎える。政権発足から100日は「ハネムーン期間」と呼ばれ、有権者もマスコミも「お手並み拝見」と好意的に見守ることから、高い支持率を示す傾向が高い。 しかし岸田政権発足時の支持率は56%で、菅前政権よりも約20%低い数字でスタートした。それでも昨年10月の衆院選で自民党は単独で絶対安定多数(261議席)を確保。その後も50%前後の支持率をキープしている。やはり真価を問われるのは

スキ
8

「高市カード」は安倍の爆弾か? 赤坂太郎

茂木と林が台頭する中、自民党内の権力抗争は静かに変容している。/文;赤坂太郎 安倍の目前の席に座ることに 衆院選で絶対安定多数を確保した首相の岸田文雄。支持率は60%超、野党は四分五裂で、一見、順調に映る。だが、自民党の奥の院では、権力の屋台骨が変容する異音が不気味に響く。 「一気にここまで駆け上がってきましたねえ、林さん」 政治決戦での勝利の余韻も冷めやらぬ11月10日、衆院本会議場。議員席の最上段からは安倍晋三、麻生太郎、菅義偉ら首相経験者や長老が立法府の聖域を睥睨

スキ
11

林芳正「次の総理はこの私」聞き手・宮崎哲弥

我こそは「保守本流」の政治家なり!/文・林芳正(前参議院議員)、聞き手・宮崎哲弥(評論家) 林氏(左)と宮崎氏(右) 「自民党・最後の切り札」——林さんは今秋におこなわれる衆院選で鞍替えし、山口3区から出馬する決意を表明されました。山口3区は二階派の重鎮である河村建夫元官房長官の地盤であることから、すわ党内抗争勃発かと、大注目を集めています。7月の立候補表明会見では「この国の舵取りをしていくため、衆院議員への鞍替えというハードルを越えなくてはいけない」と、総理総裁への思い

スキ
11

“二階外し”仕掛け人は誰か? 赤坂太郎

岸田出馬の背後にチラつく2つの「A」。そして事実上の自主投票に……。/文・赤坂太郎 約110万人の自民党員 「最近、眠れない」「疲れがとれない」 生気のない顔で周囲にこうぼやいているのは、首相の菅義偉である。 8月に実施されたマスコミ各社の世論調査では、菅内閣の支持率は3割前後。東京五輪開催で支持率が上向くはずとの目論見は、見事に裏切られた。一方、自民党の政党支持率は3割台を保持。永田町に伝わる青木幹雄の方程式、すなわち内閣支持率と政党支持率を足して5割を割れば早晩内閣

スキ
4