マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#相撲

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
8

朝乃山 大相撲新風録20 元大関が“新風”を巻き起こせるか 佐藤祥子

朝乃山(あさのやま、富山県富山市出身、高砂部屋、28歳) 元大関が“新風”を巻き起こせるかはたして“新風”との言葉はふさわしいものだろうか――。元大関の朝乃山が、先の七月名古屋場所で土俵に復帰した。三段目二十二枚目と、番付を大きく落としての再出発だった。色鮮やかな締め込みを黒い稽古まわしに替え、観客もまばらななか土俵に上がった元大関は、「またこうして土俵に上がれることに感謝したい」と殊勝な言葉を口にした。その実力から当然のごとく7戦全勝優勝を果たしたのだが、安堵の表情は

スキ
10

逸ノ城 大相撲新風録19 ストレスを乗り越え大器がついに初優勝 佐藤祥子

逸ノ城(いちのじょう、モンゴル・アルハンガイ出身、湊部屋、29歳) ストレスを乗り越え大器がついに初優勝新型コロナウイルスが尾張名古屋の土俵でも猛威を振るった。故障者を含む23名の関取が休場し、13部屋、計231名もの力士たちが土俵に上がれない、前代未聞の場所となってしまった。 相撲史上でも稀有な場所を制したのは、前頭2枚目の逸ノ城だった。 モンゴル出身力士の多くは首都ウランバートル生まれだが、逸ノ城は正真正銘の遊牧民。子どもの頃から羊や馬を世話し、冬は零下40度に

スキ
10

隆の勝 大相撲新風録18 「おにぎりくん」がいつか賜杯を抱く日 佐藤祥子

隆の勝(千葉県柏市出身、常盤山部屋、27歳) 「おにぎりくん」がいつか賜杯を抱く日その笑顔から「おにぎりくん」との愛称で呼ばれるのは、先の夏場所で横綱照ノ富士から初金星を挙げた隆の勝だ。おにぎりのような丸みを帯びた三角形の顔に、まるで海苔を貼ったかのような黒く太い眉毛がトレードマーク。先場所は初の殊勲賞も受賞し、おにぎり顔もさらに丸くなるかと思いきや、初優勝を逃した悔しさが勝っていたようだ。 11日目には単独トップとなるが、優勝を意識したゆえに、残り4日間は動きが硬く

スキ
14

紺野美沙子「私の好角家歴」

文・紺野美沙子(女優) 今年5月、日本相撲協会・横綱審議委員会の委員に就任しました。私が相撲に興味を持ったのは小学生の頃で、好角家歴はもう半世紀にもなります。委員の依頼を受けた時は本当にびっくり。子供の頃から「横審の委員ってえらいんだろうな、どんなことを話し合っているのかな」と思っていたので、よもや自分がその一員となる日が来ようとは……とても光栄なことだと思っています。 相撲を好きになったのは、同居していた母方の祖母の影響でした。好角家だった祖母は、本場所開催中はテレビの

スキ
8

佐田の海 大相撲新風録17 充実のベテランが優勝争いの大健闘 佐藤祥子

佐田の海(さだのうみ、熊本市出身、境川部屋、35歳) 充実のベテランが優勝争いの大健闘35歳の佐田の海が、夏場所の土俵をじわじわと盛り上げた。西前頭十二枚目で迎えた先場所、結果的に優勝は横綱照ノ富士にさらわれたものの最後まで優勝戦線に残り、千秋楽では、もうひとりの優勝候補だった隆の勝との大一番を制した。11勝4敗で2度目の敢闘賞を受賞し、「今場所は体の動きもよくて充実した場所でした。父からは『35歳で相撲を取れるのも羨ましいし、優勝争いという“景色”を見られるのも羨まし

スキ
2

大相撲新風録16 若元春|佐藤祥子

若元春(福島市出身、荒汐部屋、28歳) 弟は大関候補。兄も目覚めるか先の三月大阪場所、浪速の地で初賜杯を抱いた関脇若隆景は、荒汐部屋“大波三兄弟”の末っ子だ。長兄の若隆元は、ケガに苦しみながらも幕下で奮闘し、末っ子の付け人を務めている。土俵上で塩を取る弟と、花道奥で見守る長兄はアイコンタクトを取り、いざ勝負へ。兄弟の絆を垣間見せる光景だ。 そんな若隆景の次兄にあたるのが、若元春である。今年初場所前の新入幕会見では、「(約2年と)十両生活が長かったので幕内で通用するか自

スキ
7

大相撲新風録15 玉鷲 趣味はお菓子作り。37歳の苦労人|佐藤祥子

玉鷲(モンゴル・ウランバートル出身、片男波部屋、37歳 趣味はお菓子作り。37歳の苦労人37歳のベテラン力士が巻き起こす“新風”もある。幕内力士最高齢の玉鷲は、今年初場所、3月の春場所と、横綱照ノ富士から連続で金星を挙げた。自身より大きな横綱を、春場所では、得意の突き押し相撲で土俵下まで押し倒し、その威力はいまだ健在。まさに“横綱の天敵”なのだ。2004年初場所で前相撲を踏んで以来、18年間、1日も休場をしたことがない“土俵の鉄人”でもある。 思い起こせば相撲経験のな

スキ
7

貴乃花 唯一思い切りぶつかれた 武蔵川光偉 100周年記念企画「100年の100人」

幕内優勝22回を誇る平成の大横綱、貴乃花光司(49)。名勝負を繰り広げた元横綱・武蔵丸の武蔵川親方が現役時代を振り返る。/文・武蔵川光偉(元横綱・武蔵丸) 武蔵川氏 ふたりの対戦成績は、貴乃花29勝、私の19勝でした。昔は押しても組んでも勝てなかったんです。そこで私が相撲を右差しに変えたら流れが変わり、貴乃花に勝てるようになっていきました。同時期に横綱を張るようになると、「他の力士はもういいから貴乃花とだけ戦いたい」と思うようになっていくんですよね。貴乃花と対戦するのが楽

スキ
5

大相撲新風録 髙安|佐藤祥子

髙安(茨城県土浦市出身、田子ノ浦部屋、31歳) 届かなかった悲願。恩返しの日はいつ?大相撲春場所は、主役の座を照ノ富士に奪われた。一時は序二段まで番付を落としていた元大関照ノ富士が、3度目の賜杯を抱き、21場所ぶりに大関復帰を決める快挙を成し遂げたのだ。 12日目までは、同じく元大関の髙安が“主役”だったはず。昨年春場所で前頭に番付を落とすものの、十一月場所からは三役に復帰。両横綱不在の場所が続き、三大関の成績も安定しないなか、小結髙安が狙うは“悲願の初優勝”だった。

スキ
8

元朝潮・高砂親方 退任の辞「私も横綱になりたかった」

85年に初優勝愛弟子の朝乃山ともしあの優勝決定戦にオマエが勝っていたら――。千代の富士に言われた一言が忘れられない。/文・佐藤祥子(相撲ライター) <この記事のポイント> ▶︎現役時代の一番の思い出は、1985年3月の初優勝。3度の優勝決定戦のうち、2度は千代の富士との取り組みだった ▶︎朝潮の対横綱戦の勝ち星「40」は歴代一位の記録である ▶︎朝青龍は、とにかくよく稽古をする弟子だった。稽古場で負けて泣いたのは彼が初めて 「角界の江川君」2020年12月9日、65歳の誕

スキ
17