マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#児童福祉

塩崎恭久70歳、里親になる 塩崎恭久

子どもには「家庭」の温かさが必要だ。国会議員を辞めても社会貢献はできる。/文・塩崎恭久(元衆議院議員) 塩崎氏 「家庭養育優先」を実践 「私は引退という言葉は使いたくないし、隠居するわけでもありません。今までは立法府の人間として法律や制度を作ってきましたが、これからは一市民としてそれを使ってみたい。自らの経験を生かせることがあれば実践したいので、里親の登録をしようと思っています」 このたび、私は28年間にわたる国会議員生活に幕を下ろすことを決め、先月末の総選挙には出馬し

スキ
63