マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#EV

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

92歳。戦いあるのみ 鈴木修(スズキ相談役) 聞き手・篠原文也

「工場にはカネが落ちている」──。“中小企業のオヤジ”のど根性を見よ!/鈴木修(スズキ相談役)、聞き手・篠原文也(政治解説者) 鈴木氏(左)と篠原氏(右) 「相談役になっても毎日出社」――鈴木さんは1978年に社長に就任されてから40年以上にわたり経営の第一線で活躍を続けられ、昨年6月、会長から相談役に退かれました。この間、「アルト」をはじめとする軽自動車を次々にヒットさせ、インドなど海外での展開を成功に導き、今やスズキは名実ともに世界的なコンパクトカーメーカーへと成長し

スキ
8

丸の内コンフィデンシャル「みずほ社長人事の裏で、三つ巴のEV戦線、光通信御曹司の介入」

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。 ★みずほ社長人事の裏でみずほフィナンシャルグループのトップ人事が決まった。坂井辰史社長の後任は木原正裕執行役・みずほ銀行常務が昇格する。また会長には副社長の今井誠司氏が就く。 新社長の木原氏は、木原誠二官房副長官の実兄だということもあって、大きな注目を集めている。 「一橋大学出身で学生時代はアイスホッケー部の主将。ざっくばらんな性格で、日本興業銀行入行直後から幹部候補生とみられてい

スキ
4

世界経済の革命児 ヒー・シャオペン(小鵬汽車創業者)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、ヒー・シャオペン(He Xiaopeng、小鵬汽車創業者)です。  ヒー・シャオペン ©時事 巨人テスラに立ち向かう中国EV界三英傑の一人「ローマは一日にしてならず。(ネット大手の)アリババ、テンセント、(通信機器大手の)ファーウェイも数々の苦難を経て今日がある。今日は一番悪い日で、明日が新たなスタート。ある節目だけを捉えて結論を出すべきではない」 2019年10

スキ
4

日本電産は自動車産業の「インテル」になる|永守重信

「コロナはチャンス。2030年に売上10兆円を達成する」と語る日本電産・永守重信会長が描く日本の未来とは?/聞き手・構成=井上久男(ジャーナリスト) <この記事のポイント> ●ほとんどのパソコンにはインテルの部品が入っている。これと同様に世界中の車を開けたら必ず日本電産のモーターが入っている状態を目指す ●たとえ1円の備品であっても稟議書で許可を取る「一円稟議」を取り入れて、コロナ禍でも過去最高の利益率を出せた ●今後は大学経営に力を入れ、世の中を変える奇人変人を育てていく

スキ
27