文藝春秋digital

孫正義が描くAI革命という「新しい地図」

孫正義が描くAI革命という「新しい地図」

「AI革命への投資会社になる」 11月9日、ソフトバンクグループの孫正義会長は決算発表の場でこう語った。2020年4~9月期の純利益は前年同期比約4.5倍の1兆81800億円と過去最高を記録。1兆3600億円という巨額赤字を出した2020年3月期決算からV字回復を果たした。孫氏は「AI革命」に向けてどんな戦略を練っているのか。2005年から8年間にわたりソフトバンクの社長室長を務め、「孫正義の参謀」と呼ばれた嶋聡氏が読み解く。 ソフトバンクの「一本足打法」 私がソフトバ

8
マスクや防護服を提供する余裕はどこに? 「赤字1兆円」SBGと孫正義は生き残れるか

マスクや防護服を提供する余裕はどこに? 「赤字1兆円」SBGと孫正義は生き残れるか

今年2月の決算説明会。「私は冒険投資家だ」と高らかに宣言した孫正義氏。だが、“稀代の投資家”は、62歳で泥沼にはまっていた。ウィー、ウーバー、OYO……この窮地を切り抜けることができるのか?/文・大西康之(ジャーナリスト) 2兆円規模で株価防衛 4月13日、ソフトバンクグループ(SBG)は2020年3月期の営業利益が1兆3500億円の赤字になる見通しを発表した。実は、この巨額赤字が明らかになる1カ月ほど前から、孫正義会長兼社長は、ヘッジファンドの猛攻にさらされ、窮地に追い

18
「孫正義はバブルに飲み込まれた!」米国投資銀行家からの警鐘

「孫正義はバブルに飲み込まれた!」米国投資銀行家からの警鐘

ウィー、ウーバー……孫さんの投資先への疑問は噴出するばかり。だが言えるのは、孫さんはリスクを取り過ぎだ。ウォール街で仕事をしてきた私の視点にはそう映っている。/文・神谷秀樹(投資銀行家) 急速に揺らいできた評価 「Japanese Billionaire(日本の億万長者)」――そんな枕詞が必ずと言ってよいほど付いてまわる孫正義さんの名前は、米国メディアに最も頻繁に登場する日本人の名前だ。資産10億ドル以上の人をビリオネアというが、孫さんの資産は230億ドル、世界40位程度

9
LINEはソフトバンクを救えるか

LINEはソフトバンクを救えるか

孫正義の「あれもこれも欲しい」は止まらない 。孫は、躁状態の時に厄介な会社を買いまくり、再建に膨大なエネルギーを注いだ後、しばらくうつ状態で大人しくなる。躁鬱を繰り返す行動パターンはダイエー創業者の中内㓛とよく似ている。/文・大西康之(ジャーナリスト) 「いつアマゾンを抜くんだ。いつ楽天を抜くんだ」   ソフトバンクグループ(SBG)が創業以来の大赤字を発表した12日後、華々しく脚光を浴びたヤフーとLINEの経営統合の記者会見の場に孫正義の姿はなかった。 ヤフー川邊氏と

15