文藝春秋digital

詩|三角みづ紀

詩|三角みづ紀

四月の魚たち デパートの春売り場が ひしめきあい あたらしい時間を探している きみが ぼくが なまぬるい空気のなかで あけたりしめたりして ここは水槽だ ぼくたちは、すでに出会っているので つぎに訪れるものは別れだったりするのだろうか。 ますます口をぱくぱくさせて 酸素を吸って 帰宅したらベッドに横たわり ふたりで沈んでいく つないだ手からほころびはじめて朝にはほつれてしまう 咲きほこる日常が枯れないように目をひらいたまま眠る

スキ
10