マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#山田洋次

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

渥美清 いつでもどこでも寅さん 山田洋次 100周年記念企画「100年の100人」

僕の人生で、渥美さんという天才的な役者と巡りあえたことはものすごい幸運でした。2人が出会えたことで“寅さん”が誕生したんだから。 渥美さんは、若い頃に肺結核で右肺を全摘するというハンディキャップを背負っていたせいか、弱い立場の人々に温かかった。寅さんが誰からも好かれるのは、そんな渥美さんの人間性によるんじゃないかな。

スキ
3

原田マハ(作家)×有働由美子「夢は紅白歌合戦の審査員です」

news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストは、作家の原田マハさんです。 原田さん(左、撮影/ZIGEN)と有働キャスター(右) 山田洋次監督の逆プロポーズ!?原作者が明かす『キネマの神様』の舞台裏有働 はじめまして。私、原田さんの小説で最初に読んだのが、『本日は、お日柄もよく』なんです。スピーチが苦手な政治家の秘書の方から相談を受けた時に、主人公がスピーチライターとして成長してい

スキ
146