文藝春秋digital

赤坂太郎<政界インサイドレポート> 安倍官邸の潜在脅威 「進次郎」と「太郎」

東京・赤坂は政界の奥座敷と呼ばれる。昼は永田町にいる政治家たちは、夜になると料亭が立ち並ぶ赤坂へと流れてくる。そこで垣間見えるのは、政治家たち…

アントニオ猪木インタビュー「私の北朝鮮外交『訪朝33回』すべてを語ろう」

「私はスポーツ外交ですから」「私はイベント屋の一人だからどうしてもその視点で北朝鮮を見てしまう」と語る猪木氏だが、実は日朝外交で重要なのは「経…

トリックスターか、令和日本の革命児か──れいわ新選組・山本太郎の研究

「見事な芝居を見るようでした」自民党の選対委員長・甘利明もそう評価する。カンパ、ボランティア、トークライヴ。選挙戦で駆け巡る山本の姿は、若き日…