文藝春秋digital

ノーベル賞の薬「イベルメクチン」が新型コロナから人類を救う日|大村智

ノーベル賞の薬「イベルメクチン」が新型コロナから人類を救う日|大村智

北里大学特別栄誉教授の大村智氏(84)は、2015年、抗寄生虫薬「イベルメクチン」誕生についての功績を評価され、「線虫によって引き起こされる感染症の新しい治療法の発見」を理由としてノーベル生理学医学賞を受賞した。 実は今、新型コロナウイルス感染症の治療薬としてイベルメクチンが注目を集めている。大村氏が、抗寄生虫薬が秘める可能性を語った。/文・大村智(北里大学特別栄誉教授) 大村氏 寄生虫駆除薬がウイルスに効く? それにしても、大変な世の中になりました。 コロナのおか

スキ
69