マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#河村たかし

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

張本さん、河村市長を笑えますか “スカートめくり”をやめないオヤジたちへ 乃南アサ

文・乃南アサ(作家) 乃南氏 「いじってあげて、何が悪いのよ」 〈河村たかし市長もそう、張本さんもそう、時代が変わったことに気づいていない。以前は笑って済まされたことが、今はもう許されないことが分かっていない。だから反省もしないし、「何が悪いの」という感覚。ちょっと前までのオヤジって、ほとんどがあんなだったのよ。ホントに。〉 この夏、私がこうツイートしたのは、なにも、このオヤジたちに特別の憤りを覚えたからではありません。同じようなことを口にしたり、似たようなことをやって

スキ
21

河村たかし名古屋市長「リコール不正署名疑惑」に答える

「私こそ大村秀章愛知県知事の噓を許さない」 <summary> ▶私はリコール運動を応援したが、不正署名には一切関わっていない ▶私が大村知事のリコール活動を応援したのも、知事の“独断”で、日本人の心を傷つける反日作品の数々を税金を使って展示させたことはリコール(解職)に値する、と考えてのこと ▶リコール活動を始めた経緯について高須院長は、「リコールをしようと言い出したのは河村さんなのに、私が言い出したと嘘をついたことは許せない」と述べているが、これは事実と異なる 河村氏

スキ
7

【愛知県知事リコール不正署名】私は河村たかしの嘘を許さない|大村秀章(愛知県知事)

愛知県知事リコール「不正署名」黒幕は誰なのか? 愛知県知事の大村秀章氏が河村たかし名古屋市長の“嘘”を追及する。 <summary> ▶これだけ嘘を重ね、説明責任を果たすつもりもない河村氏に「政治家としての資格」など、ひと欠けらもない ▶批判を展開していた当の河村氏が、実は国会議員年金をもらっていた。これは有権者に対する許しがたい背信行為。約12年にもわたって国民を欺いていたことになる ▶「リコール署名の大量捏造」という前代未聞の嘘も、直接の発端は、「トリエンナーレ」をめぐ

スキ
32