文藝春秋digital

河野太郎行革相(ワクチン担当相)が考えるDX デジタル化の究極の目的は「ぬくもり」を作ること

河野太郎行革相(ワクチン担当相)が考えるDX デジタル化の究極の目的は「ぬくもり」を作ること

デジタルならオーダーメイドの行政も可能になる。/河野太郎(行政改革担当大臣) <summary> ▶︎菅政権が目指すデジタル化の究極の目的は、「ぬくもり」を大切にする社会を作ること ▶︎将来を背負う子供をいかに育てるか。その課題における解の一つが、オンライン教育の規制緩和 ▶︎ポストコロナの世界では、内政でも外交でも「寄り添う」が重要なキーワードになるはず デジタル化とは電子情報化のことなのか? 

スキ
15