マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#宮崎美子

クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物|“ピカピカ”のビキニ姿で、二度も世間を驚かせた女優は?

【ヒント】 “ピカピカ”のビキニ姿で、2度も世間を驚かせた女優は?父が銀行員だったので、転校が多い学校生活だった。 「小学校は3回転校して4校に通いました。どこでも、クラスで人気のきれいな女子の周りで、楽しく盛り上げる“ちょっと面白い人”のポジションがラクでしたね。今もそれは変わらないかな」 熊本大学在学中に、「週刊朝日」の篠山紀信撮影の女子大生モデルに応募して見事、表紙を飾る。 「当時のボーイフレンドが撮影してくれた写真があったので、気軽に応募したんです。プロに撮影し

スキ
3

歴史小説の悦楽「孔子と孔丘」|宮城谷昌光×宮崎美子

作家・宮城谷昌光さんの小説『孔丘』が10月8日に刊行された。儒教の創始者・孔子を描いた作品だ。この作品に込めた想いとは。また歴史小説を読むことの醍醐味とは。熱心な読者だという女優・宮崎美子さんと、宮城谷さんが語り合った。 <この記事のポイント> ●宮城谷さんは、ずっと孔子を小説に書きたいと思ってきたが、書けなかった。70歳を過ぎて「孔丘(孔子の本名)」を書こうと覚悟を決めた ●歴史とは、決して善と悪に分けられるものではない。偉人とされている孔丘にも「矛盾」があり、それが人間

スキ
14