文藝春秋digital

第165回芥川龍之介賞「選評」|小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、平野啓一郎、堀江敏幸、松浦寿輝、山田詠美、吉田修一

第165回芥川龍之介賞「選評」|小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、平野啓一郎、堀江敏幸、松浦寿輝、山田詠美、吉田修一

芥川龍之介賞  正賞 時計    副賞 100万円 貝に続く場所にて 群像6月号 石沢麻依 彼岸花が咲く島 文學界3月号 李琴峰 なお、直木三十五賞は佐藤究「テスカトリポカ」(KADOKAWA)と澤田瞳子「星落ちて、なお」(文藝春秋) が授賞作に決まりました。 公益財団法人 日本文学振興会 ■芥川賞選考経過第165回芥川龍之介賞選考委員会は7月14日午後3時から東京・築地の「新喜楽」で開かれました。 小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、平野啓一郎、堀江敏幸、松浦

スキ
15
第165回芥川賞受賞者インタビュー 李琴峰「私をカテゴライズしないで」

第165回芥川賞受賞者インタビュー 李琴峰「私をカテゴライズしないで」

息苦しい“枠”の外側を書き続けたい。/文・李琴峰(作家) 李さん 〈授賞のことば〉デビュー時に書いた「受賞のことば」を読み返すと、「不条理に押し付けられた人間としての生」とある。それがまさに私を縛りつけ、痛めつけ、踏み躙り、絶望の淵に突き落としては筆を握るようけしかけるものの正体と思えてならない。 言葉は生かしも殺しもするし、文学は希望にも絶望にもなる。絶望の淵にいる人にとって、文学は救いの一点の光であってほしい。出生から永眠まで、自分自身では到底どうしようもない多くの

スキ
75