文藝春秋digital

コロナで留学ができない! 上智大学が探る「新・グローバル学習」の現状と展望

コロナで留学ができない! 上智大学が探る「新・グローバル学習」の現状と展望

次世代のグローバルリーダー人材を育てる上智大学。新型コロナウイルスの感染拡大で人の移動が制限される中、学びをいかに支えているのか。東南アジアにおける同大のグローバル教育の展開と取り組みを聞いた。 ✳︎✳︎✳︎ ASEAN共同体が発足し、発展を遂げる東南アジア。そのハブとして機能するバンコクは、国連や国際開発金融機関などの国際機関の事務所が集積し、高等教育においても重要な拠点となっている。近年、上智大学はバンコクを拠点に東南アジアをフィールドとした教育を展開してきた。201

11
「南極大陸以外すべてキャンパス」上智大学・実践型教育の何がスゴいのか

「南極大陸以外すべてキャンパス」上智大学・実践型教育の何がスゴいのか

都心にある総合大学の利点を生かしグローバルリーダー人材を育てる上智大学。ローマ教皇の来学を記念し、新たな基金の設置にも取り組む。 「準備された教育の受け手となるのではなく、その一翼を担い、未来への希望を分かち合うことに力を注いでほしい──」キリスト教カトリックのローマ教皇フランシスコは昨年11月、38年ぶりの来日で上智大学を訪問。集まった学生・教職員約700人を前にこう語りかけた。上智大学の曄道佳明学長は「未来を担う学生たちへ想いを伝えるのと同時に、その教育を担う私たち大学

8