マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#秋篠宮家

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
8

悠仁さま15歳の憂鬱 超難関校進学には理由がある 本誌特別取材班

超難関校進学には理由がある。/文・本誌特別取材班 〈子供の教育にふさわしい場所を〉 悠仁さまの通うお茶の水女子大学附属中学と、進学先の筑波大学附属高校のある文京区大塚周辺には、いくつもの学校があり、昼間は学生たちの声があちこちから聞こえてくる。そこから南へ10分ほど歩いていくと街並みは変わり、小日向台の閑静な住宅街となる。鳩山家や歌舞伎の看板役者が邸宅を構える東京有数の高級住宅地だ。 その一角に白を基調とした英国風の、周囲の家とは異なる雰囲気を湛えた大きな家があり、表札に

スキ
14

秋篠宮家「取材日記」眞子さん結婚、悠仁さま受験、マル秘メモを初公開! 佐藤あさ子

文・佐藤あさ子(皇室ジャーナリスト) 秋篠宮家の知られていない側面皇族がお出ましになる際には、どこからともなく大勢の皇室ファンがその姿を一目見ようと集まる。皇居の半蔵門や赤坂御用地の巽門はもちろん、ご公務先やお出かけ先である展覧会やコンサート会場にも記者に交じってファンの姿は必ずある。 皇族方は、今も世間から隔絶された世界でお過ごしだから、お出ましの機会は、その表情、ファッション、お振舞いをこの目で確かめることができる貴重なチャンスだ。私は愛子さまが学習院初等科に入学され

スキ
3

【真相レポート】眞子さまは、小室圭さんを諦めない!

2020年、眞子さまは20代最後の年を迎えられる。だが、小室圭さんとのご結婚話は以前として進展はない。当初は歓迎してくれていた母・紀子さまの“変心”に眞子さまは反発しているという。/文・本誌編集部 痩せた秋篠宮さま〈昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております。(略)(長女の眞子さまと)結婚のことについては話をする機会はありません〉  2019年11月20日、皇嗣殿下として初めての誕生日会見で、秋篠宮さま(

スキ
349