文藝春秋digital

【紀州のドン・ファン怪死】妻の緊急逮捕と泥沼化する「十三億円遺言書」係争

【紀州のドン・ファン怪死】妻の緊急逮捕と泥沼化する「十三億円遺言書」係争

紀伊半島南西部に位置する和歌山県第2の都市・田辺市。貸金業を営む資産家の野﨑幸助氏が怪死したのは、2018年5月24日のことだ。享年77。好色家を自任し、伝説上のプレイボーイになぞらえて「紀州のドン・ファン」の自叙伝もある野﨑氏は、その晩、自宅2階の寝室のソファで、全裸のまま事切れていた。その体内からは致死量を超える覚醒剤成分が検出され、和歌山県警は、ただちに捜査を開始する。 そして事件から約3年後の4月28日、事態は急展開を迎える。和歌山県警は、殺人と覚醒剤取締法違反の疑い

スキ
7
国税OBが教える「相続」のキホン…実例に学べ!「理想の相続」とは?

国税OBが教える「相続」のキホン…実例に学べ!「理想の相続」とは?

改めて考え直してほしい。相続は人と人との営みである。大事なのは「制度」ではなく「人の気持ち」だということを――/文・坂田拓也(ジャーナリスト)

スキ
1
国税OBが教える「相続」 誰もがはまる相続の「落とし穴」とは?

国税OBが教える「相続」 誰もがはまる相続の「落とし穴」とは?

税務署は忘れた頃にやって来る。たとえ少額でも、申告漏れがあれば、追徴課税される可能性がある。そんな時、どうしたらいいのだろうか?/文・坂田拓也(ジャーナリスト)

スキ
2
国税OBが教える「相続」のキホン…相続は「生前対策」で8割決まる!

国税OBが教える「相続」のキホン…相続は「生前対策」で8割決まる!

相続と聞いて「税対策をしなくちゃ!」と思う人はまだまだビギナー。実は、何よりも重要なのは「家族対策」なのだ。感情のコントロールこそが相続を成功させる秘訣である。/文・坂田拓也(ジャーナリスト)

スキ
2