マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#富山県

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

同級生交歓|富山県新湊市立(現・射水市)放生津保育園 昭和35年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都中央区 日本橋とやま館「富山はま作」にて(撮影・山元茂樹) (右から) 日本テレビ放送網社長 小杉善信落語家 立川志の輔小杉 「だちかんけ?(ダメかな?)」 志の輔 「なーん、だんないちゃ!(いや、大丈夫だよ!)」 志の輔らくご・中村仲蔵終演後、同級生交歓に出る事が5秒で決まった。 私たちは保育園から小学校、中学校とよく遊び、

スキ
4

ルポ・地方は消滅しない 富山県砺波市

地方自治ジャーナリストの葉上太郎さんが全国津々浦々を旅し、地元で力強く生きる人たちの姿をルポします。地方は決して消滅しない―― イラストレーション:溝川なつみ 世界に冠たる屋敷林を守れ絶景、というほかない。 富山県砺波(となみ)市の屋敷林である。地元ではカイニョと呼ぶ。 山上の展望台から見ると、大海のような砺波平野いっぱいに、カイニョを持つ農家が数限りなく浮かんで見える。田んぼに水を張った田植えの時期は、1年で最も美しい。 大海に浮かぶ小島のように、カイニョを持つ家

スキ
11