文藝春秋digital

人気爆発で「納車待ち」 新型ジムニーのエクステリアデザインはどこが凄いのか?

人気爆発で「納車待ち」 新型ジムニーのエクステリアデザインはどこが凄いのか?

2018年にフルモデルチェンジとなった新型ジムニー(4代目)が売れに売れている。現在も「納車待ち」が発生するほどの人気だが、その大きな要因となっているのが、個性的なエクステリア(外装)デザイン。エクステリアデザインの開発責任者である砂走和人氏に話を聞いた。 砂走氏は1991年にスズキ㈱入社。初代ワゴンRや3代目ジムニーのエクステリアデザイン開発に従事し、2014年から新型ジムニー/ジムニーシエラのエクステリアデザイン開発責任者を務めている。 取材&文・早坂隆(ノンフィクシ

スキ
27
「新型ジムニー」誕生物語 “流行を追わない姿勢”が新たな流行を生み出した

「新型ジムニー」誕生物語 “流行を追わない姿勢”が新たな流行を生み出した

時代を切り拓く“異能”の人びとの物語「令和の開拓者たち」。今回の主人公は、爆発的人気を集める「4代目ジムニー」のチーフエンジニア、スズキ株式会社の米澤宏之。笑顔で本物志向をつらぬいたチーム・リーダーが新型ジムニーに込めた思いに迫ります。/文・早坂隆(ノンフィクション作家) <summary> ▶︎スズキの4代目「ジムニー」は2018年に20年ぶりに全面改良。発売開始と同時に爆発的な人気を呼んだ ▶︎チーフエンジニアの米澤宏之は「プロが使って満足できる商品」をコンセプトとして

スキ
14