文藝春秋digital

【最終回】連載小説「ミス・サンシャイン」#13|吉田修一

【最終回】連載小説「ミス・サンシャイン」#13|吉田修一

【前号まで】 和の大女優・和楽京子こと石田鈴の元でアルバイトをする大学院生の岡田一心は鈴に誘われ、軽井沢を訪れる。その夜、彼女に惹かれる一心はついに思いを打ち明けるが、ともに生きていくことはできないと悟った。時を経て仕事と家庭を得た彼は、ある日テレビで鈴の訃報を知る。 ★前回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
8