文藝春秋digital

蓋棺録<他界した偉大な人々>

蓋棺録<他界した偉大な人々>

偉大な業績を残し、世を去った5名の人生を振り返る追悼コラム。 ★八千草薫  女優の八千草薫(やちぐさかおる)(本名・谷口瞳)は、可憐な娘役でデビューして以来、さまざまな役に挑戦したが、楚々とした美しさは変わらなかった。  1977(昭和52)年、山田太一脚本の『岸辺のアルバム』では不倫をする主婦を演じて衝撃を与えた。話がきたとき最初は断ったが、山田が「本気で夫以外を好きになってしまう女性を演じていいのです」と再度頼むと、「それなら」と引き受けたという。  31年、大阪

3
蓋棺録<他界した偉大な人々>

蓋棺録<他界した偉大な人々>

偉大な業績を残し、世を去った5名の人生を振り返る追悼コラム。 ★和田誠  イラストレーターの和田誠(わだまこと)は、独特の似顔絵で親しまれ、映画監督としても心を打つ作品を残した。  週刊文春2017(平成29)年7月20日号は、和田の2,000枚目のイラストが表紙を飾った。和田の表紙が始まってから40年の年月が流れていた。妻の平野レミが感想を聞くと、作業を続けながら「普通だよ」と答えた。「普通だよ、なんでもないよ」。  1936(昭和11)年、大阪に生まれる。父親は小

3