マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#田舎暮らし

綾小路きみまろ 誌上独演会「コロナと毒舌」

東京五輪で芸能生活に一区切りつけようと思っていたが……。/文・綾小路きみまろ(漫談家) 綾小路きみまろさん 「夫婦の会話」「お父さん、お父さん」 「なんだ?」 「世の中、横文字が多くてね、さっぱり分からないんだけど。パンデミックってなに?」 「パンデミック、パンデミックス、パンでミックス……ミックスサンドのことじゃないか」 私のレパートリーの一つに「夫婦の会話」というネタがありますが、なかでもこうした横文字シリーズが好評です。近頃の奥様方はテレビばかり見ていますから。朝

スキ
23

「コロナの壁」を乗り越えよ 新型コロナは「脳化社会」の病である|養老孟司

新型コロナは「脳化社会」の病。取り戻すべきは「身体性」だ。/文・養老孟司(解剖学者) <summary> ▶︎「神様目線」で今日は何人死んだと数え上げることは、私たちから「死」のリアリティを切り離してしまう ▶︎コロナパンデミックは、「脳化社会」が行き着くところまで行った必然の帰結だった ▶︎あまりに状況を「微分」しすぎて、わかりやすくしすぎてしまうと、全体を見誤る可能性がある 養老氏 死とは「2人称」 日本国内で新型コロナの感染者が確認されてから1年が経ちました。ここ

スキ
68