文藝春秋digital

障害と感じるスポーツ|伊藤亜紗

文・伊藤亜紗(東京工業大学准教授) 障害は引き算ではない。たとえば目が見えない人は、目が見える人から視覚を差し引いた存在ではない。彼らは、聴覚や触覚を使って捉えられる、彼らならではの世界に生きているのだ。 道案内をしてもらうと、そのことがよく分かる。「パン屋の匂いがしたらあと30歩…