文藝春秋digital

新型コロナ 重症化を防ぐ「治療法」がわかってきた

新型コロナ 重症化を防ぐ「治療法」がわかってきた

この病院では6月以降、死者はゼロ。第一波の時に比べ、なぜ重症患者は減ったのか。その理由を解説する。/文・忽那賢志(国立国際医療研究センター国際感染症対策室医長) <この記事のポイント> ●治療手順が確立されたことによって、第二波で重症化の数が減った ●「回復者血漿療法」の研究が進んでいる。回復した人に血漿を提供してもらい、患者に投与する治療法のこと ●さまざまな後遺症があることもわかってきた。後遺症だけを見ても、一般のインフルエンザよりも怖い病気 忽那氏 完全に治る薬

28