文藝春秋digital

『その扉をたたく音』著者・瀬尾まいこさんインタビュー

『その扉をたたく音』著者・瀬尾まいこさんインタビュー

瀬尾まいこさん 写真:内藤貞保 29歳、無職、ミュージシャンを夢見る宮路くんが物語の主人公だ。親からの仕送りで生活をしながら、日々無為に過ごしている。その彼が老人ホームを慰問し、介護士の渡部くんが吹くサックスを耳にして物語が始まる。 瀬尾まいこさんは、打ち合わせてから約3カ月という短期間でこの長編をほぼ書き上げた。「2019年の本屋大賞を受賞した直後で、大勢の人から誉められて気持ちがよかったのかも」と笑う。 老人ホームを舞台にしたのは、自身が中学校で働いていた時にた

15