マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#高市早苗

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
8

ブレイディみかこ「女性首相は我慢しない」

日本の政界でガラスの天井を打ち破るために。/文・ブレイディみかこ(ライター・コラムニスト) ブレイディ氏 ©Shu Tomioka かつて「鉄の女」がいた自民党総裁選に男女同数の候補が立ったことは、英紙も報道していました。日本は女性の問題で遅れているイメージが定着しているので、こういうことがネタにされます。高市早苗はネットを見る限り人気があったようですが、背後には安倍晋三、森喜朗といった「おじさん政治」を象徴する人々の影がチラつきます。おじさんたちをうまく利用するために、

スキ
26

次の総理、5年後の総理 政治記者123人が選んだ

文・本誌編集部 政権の真価を問われるのはこれから 岸田文雄首相の在職日数が、1月11日で100日を迎える。政権発足から100日は「ハネムーン期間」と呼ばれ、有権者もマスコミも「お手並み拝見」と好意的に見守ることから、高い支持率を示す傾向が高い。 しかし岸田政権発足時の支持率は56%で、菅前政権よりも約20%低い数字でスタートした。それでも昨年10月の衆院選で自民党は単独で絶対安定多数(261議席)を確保。その後も50%前後の支持率をキープしている。やはり真価を問われるのは

スキ
9

「高市カード」は安倍の爆弾か? 赤坂太郎

茂木と林が台頭する中、自民党内の権力抗争は静かに変容している。/文;赤坂太郎 安倍の目前の席に座ることに 衆院選で絶対安定多数を確保した首相の岸田文雄。支持率は60%超、野党は四分五裂で、一見、順調に映る。だが、自民党の奥の院では、権力の屋台骨が変容する異音が不気味に響く。 「一気にここまで駆け上がってきましたねえ、林さん」 政治決戦での勝利の余韻も冷めやらぬ11月10日、衆院本会議場。議員席の最上段からは安倍晋三、麻生太郎、菅義偉ら首相経験者や長老が立法府の聖域を睥睨

スキ
11

高市早苗「女性天皇には反対しない」聞き手・石井妙子

今、最も注目される女性議員に皇室観を問う。/文・石井妙子(ノンフィクション作家) 高市氏(左)と石井氏(右) 皇統の維持をどう考えていくのか 秋篠宮家のご長女・眞子さんの結婚と渡米という出来事があり、12月には天皇家のご長女・愛子さまが20歳の誕生日を迎え、成年皇族となられた。今、皇室への、とりわけ皇統への関心が、国民の間で非常に高まっていると感じる。 現行の皇室典範では「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と規定されており、愛子さまに皇位を継承する資格は

スキ
7

高市早苗「総裁選に出馬します!」

力強く安定した内閣を作るには、自民党員と国民からの信任が必要だ。私の「日本経済強靭化計画」!/文・高市早苗(衆議院議員) 高市氏 国会議員の矜持各種世論調査で、菅内閣の支持率が下落し続けている。 テレビで拝見する菅義偉総理の顔からは、「叩き上げの庶民派総理」として人気を集めた就任当初の溌剌とした表情が消え、発する言葉からは自信も力強さも伝わらなくなってしまっており、残念でたまらない。 しかし私は、仮に菅内閣の支持率が1%になったとしても、その任期中は支え続けることを自

スキ
46