マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#デジタル時代

大宅文庫の教え|阿川佐和子

文・阿川佐和子(エッセイスト・作家) 阿川氏 大宅壮一文庫というものを、一般の方々はどれほど認識しているだろうか。メディアで仕事をする者にとってなくてはならぬ存在であるけれど、たとえば普通の大学生が「よし、大宅文庫に行って調べものをしよう」と発想することはまずあるまい。わからないことがあれば即座にスマホを持ち出し何でも解明できる時代である。ネット情報がどれほど当てになるかは別として、とりあえずの知識と情報は手軽に入手できるのだ。 そういう時代であることを批判するつもりは

スキ
16