文藝春秋digital

短歌|平岡直子

短歌|平岡直子

白夜弟の婚姻届けに署名したわたしはサインポールにみえる? オリンピック、虫の頭に詰まってるいろとりどりの紙屑をみて 地下街はしばらく続く 太い線 細い線 目に飛び込んでくる バレリーナたちの手足が暗がりでからまりあっているビオトープ でもわたし途中で寝ちゃったんですよ 会話はいい霧とわるい霧 月面にでこぼこがある月面にでこぼこがあるきみに噛みつく 紫陽花のほかのすべてがモノクロのわたしの人生は点つなぎ

スキ
10