文藝春秋digital

ルポ「学校荒廃」──教室から先生がいなくなる日

ルポ「学校荒廃」──教室から先生がいなくなる日

生活保護を受ける教員がいるという現実。教育実習生が教員にならないという現実。“学校の先生”はもはや普通にいる存在ではない。各地で悲鳴が上がる「教員不足」の現場をレポートする。/文・秋山千佳(ジャーナリスト) 秋山氏 教育実習生が教員にならない 「この仕事に未来はない、かな。キャパを超えているのに、人がいない。何とかするにはもう教師をやめて政治家になるしかないですね」 東京都の公立小学校で教員をしている松原葵さん(仮名、40代)は自嘲気味に笑った。週末の昼下がり、繁華街の

スキ
26