文藝春秋digital

日本語探偵【き】気持ちを表すには語彙力よりも使う力だ|飯間浩明

日本語探偵【き】気持ちを表すには語彙力よりも使う力だ|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【き】気持ちを表すには語彙力よりも使う力だ 6月に、私が監修を担当した『気持ちを表すことばの辞典』(ナツメ社)という本が出ました。早くも2度重版になって、なかなか評判もいいようです。 気持ちや心象風景を表すことば約1000語を意味ごとに分類し、説明と例文をつけました。ふたりのイラストレーターによる絵がとても可愛らしい。お茶でも飲みつつ、ぱらぱら読むうち、いつの間にか語彙力がつきます(と思う)。

スキ
8
日本語探偵【コ】コロナカタカナ語メリットもあるんです|飯間浩明

日本語探偵【コ】コロナカタカナ語メリットもあるんです|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【コ】コロナカタカナ語メリットもあるんです2020年に突然「コロナ時代」が始まり、世の中が一変しました。ニュースに出てくる新語もわけのわからないカタカナ語ばかり。というわけで、人々の批判の矛先はことばにも向かいました。 私たち辞書関係者が毎年行うイベント「今年の新語」でも、この年、参加者から新語候補として大量のコロナ関連語が寄せられました。「ソーシャルディスタンス」「ステイホーム」「クラスター

スキ
5
日本語探偵 【す】「スピッツさん」から「団体名+さん」を考える|飯間浩明

日本語探偵 【す】「スピッツさん」から「団体名+さん」を考える|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【す】「スピッツさん」から「団体名+さん」を考える ノンフィクションライターの小泉カツミさんが、ネットの「現代ビジネス」に小事件を報告していました(4月30日付記事)。音楽番組で、女優・歌手の上白石萌歌(かみしらいしもか)さんが、自身もファンであるバンドのスピッツと共演を果たした。上白石さんは〈スピッツは、私にとって神様的存在〉と大喜び。ところが、ネット上では〈スピッツさんじゃねえのかよ〉などと

スキ
6
日本語探偵 【う】「うんぬんかんぬん」
発生源は思ったより古い|飯間浩明

日本語探偵 【う】「うんぬんかんぬん」 発生源は思ったより古い|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【う】「うんぬんかんぬん」発生源は思ったより古い 「『電車が遅れまして』うんぬんかんぬんの言い訳を彼は続けた」などと言うことがあります。この「うんぬんかんぬん」を、あなたは使うでしょうか。最初に聞いたのはいつか、覚えていますか。 私は高校時代、1985年に友人が使っていたので知りました。「云々(うんぬん)」は分かるけど、「かんぬん」って何だ。そんなことばはないはずだ! 解説すると、「かんぬん

スキ
8
日本語探偵【ひ】「ひとりごちる」は厳然たる現代語である|飯間浩明

日本語探偵【ひ】「ひとりごちる」は厳然たる現代語である|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【ひ】「ひとりごちる」は厳然たる現代語である 「ひとりごちる」という現代語があるかどうか、ツイッターでちょっとした議論になりました。「独り言を言う」の意味で使われる動詞のはずですが、次のような趣旨の発言があったのです。 「『ひとりごちる』は古語であり、現代の辞書には載っていない。厳密には、古語では『ひとりごつ』で、『ひとりごちる』は最近の造語らしい」 これに対し、「ひとりごちる」を普段創作

スキ
9
日本語探偵 【ほ】「ホワットアバウト」のうまい日本語訳はある?|飯間浩明

日本語探偵 【ほ】「ホワットアバウト」のうまい日本語訳はある?|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【ほ】「ホワットアバウト」のうまい日本語訳はある? ネット上の議論で、よく「お前が言うな」という返しが使われます。略して「おまいう」。Aさんに遅刻を批判されたBさんが「君だって忘れ物をするじゃないか」と話をすり替える論法です。 これと似ていて、ちょっと違う英語にwhataboutism(ホワットアバウティズム)というのがあります。批判された人が“What about...?”(じゃあ〇〇はど

スキ
6
日本語探偵 【は】「発出」なる役所語 20世紀末から一般的に|飯間浩明

日本語探偵 【は】「発出」なる役所語 20世紀末から一般的に|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【は】「発出」なる役所語 20世紀末から一般的に コロナ危機は2021年も続くようです。1月7日、1都3県を対象として2回目の緊急事態宣言が出され、さらに他の地域にも拡大されました。 政府や自治体は「緊急事態宣言を発出」と繰り返しました。この「発出」とは何かということが、しばしば話題に上るようになりました。 これが役所語であることは推測できます。ただ、昔はあまり使われず、私の携わる『三省堂

スキ
7
日本語探偵 【ぴ】「ぴえん」なる新語 日本語の伝統にかなう|飯間浩明

日本語探偵 【ぴ】「ぴえん」なる新語 日本語の伝統にかなう|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【ぴ】「ぴえん」なる新語 日本語の伝統にかなう 毎年末、私を含む国語辞典の作り手が集まって「今年の新語」(三省堂主催)を選びます。その年あたりに特によく使われ、かつまた、今後の辞書に採録されてもおかしくないことばを選ぶ、というのがこのイベントの趣旨です。 2020年の大賞は「ぴえん」に決まりました。「テストの点が悪かった、ぴえん」などと、小声で泣く様子を表します。19年あたりからSNSなどで

スキ
7
飯間浩明の日本語探偵 【し】「終息」か「収束」か自分の感覚で選んでOK

飯間浩明の日本語探偵 【し】「終息」か「収束」か自分の感覚で選んでOK

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【し】「終息」か「収束」か自分の感覚で選んでOK 2020年に深刻化した新型コロナウイルスの感染拡大は、しゅうそくの見通しが立ちません。と、この「しゅうそく」をどう書けばいいのか、ネットでは繰り返し疑問の声が上がっています。 私は、ツイッターで「結論を言えばどっちでもいい」と書きました。「終息」は「おわる」「やむ」こと、「収束」は「(広がったものなどに関して)おさまる/おさめる」ことです。漢

スキ
12
日本語探偵 【ふ】「フェイク」の功労者 トランプさんには感謝|飯間浩明

日本語探偵 【ふ】「フェイク」の功労者 トランプさんには感謝|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【ふ】「フェイク」の功労者 トランプさんには感謝 米国のトランプ大統領は、つくづく皮肉な存在だったと思います。「アメリカを再び偉大な国に」を掲げて大統領に就任したのに、再選を賭けた大統領選では敗北の結果を受け入れず、偉大とは正反対の態度を取りました。great(偉大)という単語の価値は、トランプ時代に大幅に下落したんじゃないかな。 皮肉と言えば、都合の悪いニュースをすべて「フェイク」(にせ情

スキ
7