マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#プーチン

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
8

【ダイジェスト版】小泉悠×千々和泰明「南部奪回の行方は? ウクライナ戦争の『終わらせ方』」

 文藝春秋digitalのオンラインイベント「南部奪回の行方は? ウクライナ戦争の『終わらせ方』」が、2022年9月9日に開催されました。  2022年2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵攻は、どのような停戦の落としどころがありうるのか。防衛研究所主任研究官の千々和泰明さんと東京大学専任講師の小泉悠さんの二人が、侵攻開始から半年が経過した今、戦争の『終わらせ方』をテーマに議論しました。  対談は現在の戦況の分析から始まりました。8月24日、ゼレンスキー大統領はクリ

スキ
16

【フル動画】小泉悠×千々和泰明「南部奪回の行方は? ウクライナ戦争の『終わらせ方』」

◆プーチンに「妥協的和平」はありえるか? 文藝春秋digitalは、9月9日(金)19時〜、防衛研究所主任研究官の千々和泰明さんと東京大学専任講師の小泉悠さんによるオンライン対談イベント「南部奪回の行方は? ウクライナ戦争の『終わらせ方』」を開催しました。 《対談フル動画は本ページ下部よりご視聴いただけます》  8月24日、ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオ演説でクリミア半島の奪還を目指すことを明言しました。ロシアによる侵攻が始まった2月24日時点の状勢に戻す、という

スキ
55

船橋洋一 プーチンの戦争「誤算の本質」 新世界地政学131

プーチンの戦争「誤算の本質」ウクライナでは現在、ロシア軍が東部のドンバス地方に戦力を集中、ウクライナ軍も反転攻勢で応じ、一進一退が続いているようである。ただ、ロシア軍はロケット弾の数ではウクライナ軍を圧倒しており、ウクライナ軍は苦戦を強いられている。一言で言えば、凄惨な塹壕戦となった第一次世界大戦のような消耗戦に突入しているのだ。 それでも、ゼレンスキー大統領は揺るぎない戦争指導力を発揮しており、ウクライナ軍の士気はなお高い。国民も国を守る気概を失っていない。 プーチン大

スキ
2

ウクライナ戦争の終わらせ方 プーチンとゼレンスキーが見据える「出口」とは 千々和泰明(防衛研究所主任研究官)

文・千々和泰明(防衛研究所主任研究官) ウクライナ戦争はいつまで続くのかピョートル大帝といえば、17世紀末から18世紀初頭にかけてロシア帝国を大国の地位に押し上げた皇帝だ。21世紀のロシアの大統領が、自らをその皇帝になぞらえて他国への侵略を正当化するという、信じがたい光景を世界は目の当たりにしている。 ロシアは、国連安全保障理事会常任理事国という責任ある地位にありながら、国連憲章を公然と踏みにじり、2022年2月24日以来、ウクライナという、れっきとした独立主権国家への侵

スキ
12

【フル動画】小泉悠×高橋杉雄「ウクライナ侵攻『超マニアック』戦場・戦術解説」

◆ウクライナ戦争徹底分析 文藝春秋digitalは、6月28日(火)19時〜、東京大学専任講師の小泉悠さんと、防衛研究所防衛政策研究室長の高橋杉雄さんによるオンライン対談イベント「ウクライナ侵攻『超マニアック』戦場・戦術解説」を開催しました。 《ご視聴はこのページ下部からお申し込み頂けます》   ロシアによるウクライナ侵攻がはじまってから4カ月以上が経過しました。当初はロシア軍がウクライナの首都・キーウを数日で陥落させると見られていましたが、大方の予想に反して苦戦し、戦争

スキ
92

ビッグマックとプーチンの戦争 佐々木正明(大和大学社会学部教授)

文・佐々木正明(大和大学社会学部教授) ソ連崩壊前後、モスクワ名物の一つと言えばマクドナルドだった。ジョージ・H・W・ブッシュ政権時代、アメリカの本社は1990年1月にモスクワの目抜き通りに1号店を作った。 共産党政権が崩壊したのはその1年11か月後である。人々は、「M」の看板の下で資本主義の味を求めて行列を作った。初日には氷点下10度にもなる極寒の中、5000人が並び開店を待ったという。 ビッグマック、フライドポテト、コカ・コーラのセットは当時の庶民にとって高嶺の花。

スキ
3

プーチンが最も恐れる男の告白 M・ホドルコフスキー(石油会社「ユーコス」元社長)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な怨念から始まった」

ウクライナ侵攻は彼の個人的な怨念から始まった。/文・ミハイル・ホドルコフスキー(石油会社「ユーコス」元社長)、インタビュー・構成=古川英治(在ウクライナジャーナリスト) ホドルコフスキー氏 プーチン体制打倒とロシア再建への思い ロシア大統領ウラジーミル・プーチンが、最大の「政敵」とみなした人物がいる。「石油王」と呼ばれたロシア石油大手ユーコス元社長、ミハイル・ホドルコフスキー(58)だ。 ホドルコフスキーはソ連崩壊後、ボリス・エリツィン時代の民営化で国有資産を買収し、1

スキ
22

プーチン殿の7人 独裁者が支配するクレムリンの内幕レポート 名越健郎

文・名越健郎(拓殖大学教授) 政権の誰が戦争を支持したのか 20世紀前半型の大規模戦争となったロシア軍のウクライナ侵略は、残忍な非人道行為を繰り返し、焦土戦となってきた。プーチン大統領が「家族の一員」と呼んだウクライナに平然と戦車を投入し、ミサイル攻撃を繰り返す蛮行は、狂気の沙汰といえる。 プーチンはなぜこの時期に無謀な戦争に走ったのか。大半のロシア人が本心では望まない戦争を政権の誰が支持したのか。それを読み解くには、プーチン周辺の人間関係とクレムリンの権力構造を探ること

スキ
15

西川美和 ハコウマに乗って15 こわれる

こわれる宇宙戦争も、隕石衝突も、大災害も、あらゆる惨事はハリウッド映画で観ることができる。映像技術の躍進は目覚ましく、動物が痛めつけられる場面、建物が破壊され、森が焼きつくされる場面、銃弾を浴び、人の手足がちぎれる場面など、かつては実物への仕掛けに頼らざるを得なかった危険な描写を、一切の犠牲なしにCGで再現できるようになった。 だから私たちは知っている。どんなに危険な場面でも、これは嘘なんだと。お化け屋敷と一緒である。怖いけど、本物じゃない。誰も傷つかない。しかも最後は、そ

スキ
6

船橋洋一 新世界地政学128 中露は「甘党」ではなく「辛党」の共闘

今、世界では何が起きているのか? ジャーナリストの船橋洋一さんが最新の国際情勢を読み解きます。 中露は「甘党」ではなく「辛党」の共闘中国はロシア軍のウクライナ侵略がウクライナの国家主権を蹂躙したことには口をつぐみ、国連総会のロシア非難決議も棄権した。秦剛駐米大使は「非難は問題の解決にはならない」とロシアを擁護する。そして、米欧日などの対露経済制裁を非難している。中国はウクライナとの間で2000年から13年までの間4回、共同文書を発表しているが、すべてウクライナの「独立、主権

スキ
5

中西輝政 第三次世界大戦の発火点

あのキューバ危機の時より世界は瀬戸際にある。/文・中西輝政(京都大学名誉教授) 中西氏 「真実の瞬間」を迎えている 「われわれは今日、何を聞いているのか。ロケットの爆発や戦闘、航空機のとどろきだけではない。それは、『新しい鉄のカーテン』が閉ざされる音だ」 プーチン大統領による侵攻が始まった日、ウクライナのゼレンスキー大統領がビデオ演説でこう語りました。この日を境に、世界は掛け値なしに変わったと言っていいでしょう。 空爆で瓦礫の山と化した産科病院から担架で運び出される分

スキ
20

安倍晋三「核共有」の議論から逃げるな 中国・ロシア・北朝鮮からこの国を守るために

文・安倍晋三(元内閣総理大臣) 安倍氏 綺麗事では国民や国土を守れない ロシアによるウクライナ侵攻が始まり、すでに1カ月が経過しましたが、状況は悪化するばかりです。原子力発電所などの核関連施設や、病院・学校などの民間人への無差別攻撃などが相次ぎ、プーチン大統領は「現代のロシアは世界で最大の核保有国の1つ。我が国への直接攻撃は、どんな潜在的な侵略者に対しても、壊滅と悲惨な結果をもたらす」などと、核兵器の使用までちらつかせている。そして実際、核戦力部隊に厳戒態勢に入るよう指示

スキ
3

佐藤優 ヘーゲルを通してプーチンの思考を読み解く ベストセラーで読む日本の近現代史

ヘーゲルを通してプーチンの思考を読み解く 2月24日のロシアによるウクライナ侵攻は歴史を画する事件になった。ロシアの侵攻を力で阻止するためには、米国が地上軍を含む正規軍をウクライナに派遣しなくてはならない。そうなると第3次世界大戦に発展する可能性がある。米国が核戦争のリスクをはらんだ派兵に踏み込めないと読んでロシアのプーチン大統領は戦争を決断したのだ。岸田文雄首相は、米国と連携し、ウクライナを支援する腹を括った。ロシアに対してもG7諸国(日米英独仏伊加)で連携してかつてない制

スキ
8