文藝春秋digital

2
記事

佐藤優のベストセラーで読む日本の近現代史ーー松本清張『黒革の手帳』

人事の恨みは恐ろしい  現下の日本人は世俗化しているので、宗教を信じていない人がほとんどだという。確かに現象面ではそうだが、現実には宗教という...

角田光代さんの「今月の必読書」…『罪の轍』(奥田英朗)

実際の誘拐事件を下敷きに描く人のいびつさ  東京オリンピックの開催を1年後に控えた1963年。北海道の礼文島から、ひとりの青年が東京、山谷にやって...