マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#ニトリ

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

「ニトリは売上高一兆円が見えてきた」似鳥昭雄が語る“成長できる理由”

コロナ禍をものともせず、今期も34年連続の増収増益が確実視されるニトリホールディングス。似鳥昭雄会長(76)は11月、DCMホールディングスによるTOB(株式公開買い付け)が進んでいたホームセンター業界7位の島忠と経営統合することで合意したと発表し、世間を驚かせた。目標に掲げてきた年商1兆円が現実味を帯び、新たにアパレル事業に参入するなど意気軒昂だ。「人生で70代が一番楽しい」と語る充実ぶりと、この先の展望とは。 島忠の魅力 似鳥氏 以前からホームセンター大手の買収を検

スキ
13

丸の内コンフィデンシャル<財界インサイドレポート>

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。 ★絶好調ニトリ、次の一手家具・日用品大手のニトリホールディングス(似鳥昭雄会長)が首都圏戦争に参戦する。ホームセンター(HC)大手の島忠(岡野恭明社長)の買収に名乗りをあげ、再編劇は新局面に入った。 島忠をめぐっては、HC最大手のDCMホールディングス(石黒靖規社長兼COO)が完全子会社化に向けて11月16日までTOB(株式公開買い付け)を実施中。島忠はDCMのTOBに賛同している。

スキ
8

コロナ禍でも増収増益! ニトリ絶好調の秘密を似鳥会長が語る

news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストはニトリHD会長の似鳥昭雄さん。コロナ禍でも業績絶好調の秘密から夫婦喧嘩の裏側まで〝舌〟好調で語りつくした! コロナの逆風でも2割の増益有働 ニトリの3〜5月の連結決算は2割の増益で、コロナの逆風をものともせず絶好調ですね。1987年からずっと増収増益で成長を続け、この4月も34期連続となる増収増益を目指すと発表されました。会長は、どんなス

スキ
15