文藝春秋digital

経団連新会長「手塚治虫『火の鳥』は問いかける」 サステイナブルな資本主義のために|十倉雅和

経団連新会長「手塚治虫『火の鳥』は問いかける」 サステイナブルな資本主義のために|十倉雅和

成長一辺倒では自分の首を絞めてしまう。/文・十倉雅和(住友化学会長) 十倉氏 「志を高く」「引き受けた以上は志を高く持って全力を尽くす」 5月10日の記者会見では、経団連会長就任についてこのように抱負を語りました。 実は、会長就任の打診を受けた直後は、「自分にできるだろうか」「身の丈を超えているんじゃないか」としばらく考え込んでいました。 その悩みを、弟(物理学者でノーベル賞候補にも名の上がる十倉好紀氏=編集部注)に打ち明けたんです。我家は2人兄弟で学年も3つしか離

スキ
11