文藝春秋digital

いま、あなたの娘と息子が危ない! スクールセクハラ「犠牲者」たちの告発

いま、あなたの娘と息子が危ない! スクールセクハラ「犠牲者」たちの告発

部活の顧問はホテルの前で「断るんか」とすごんだ――ある被害者女性は振り絞るようにこう明かした。何十年経っても消えることのない忌まわしい記憶…教師による児童へのセクハラを許すな!/文・秋山千佳(ジャーナリスト) なぜ親にも学校にも言えなかったのか ブラインドを下ろしたビルの一室では、窓の外で降りだした雨の音も聴こえなかった。  テーブルを挟んで向き合った彼女は、高校生だったおよそ10年前、信頼していた教師によって降りかかった悪夢をぽつりぽつりと語りだした。 「恋愛経験も性

スキ
4