文藝春秋digital

ワクチン、治療法、集団免疫がない……最悪の近未来予想図|203X年の“新しい日常”

ワクチン、治療法、集団免疫がない……最悪の近未来予想図|203X年の“新しい日常”

COVID-19のパンデミックがエンデミック化した時、我々を待っているのはどのような日常なのだろうか。暗黒の未来をスケッチする。「極端な想定」によって可視化できるものとは?/文・川端裕人(作家) 川端氏 語りうる最悪のシナリオは現時点(2020年6月)から想定できる範囲内での「最悪」を考える。 まず、将来シナリオとしてよく語られるのは「治療法の確立」と「ワクチンの開発」による「出口」までなんとか持ちこたえることだ。しかし、ここで「できる」と仮定されている「治療法」や「ワ

スキ
19
新型コロナウイルス「致死率2%」でも“医療崩壊” 最悪のシナリオとは?

新型コロナウイルス「致死率2%」でも“医療崩壊” 最悪のシナリオとは?

新型コロナウイルスの怖ろしい点は何か。それは「強い感染力を持つ」ということだ。一見、軽く見えても、同時に多数が感染すれば、“医療崩壊”をもたらしかねない。100年前、「外出・集会の一律禁止」で大流行を抑えたセントルイス市長の〝英断〟がいま日本にも求められている。/文・岡田晴恵(白鷗大学教授・元国立感染症研究所研究員) 岡田氏 大勢の感染で医療崩壊いま日本は、重大な岐路に立っています。この数週間、場合によっては、この1〜2週間で(本稿執筆時点=2月28日から見て)、対応を誤

スキ
59