文藝春秋digital

“感染爆発”現地ルポ 沖縄「コロナ炎上地帯」の悲鳴

“感染爆発”現地ルポ 沖縄「コロナ炎上地帯」の悲鳴

8月1日に玉城デニー知事が県独自の緊急事態宣言を発出するに至った、未曽有のコロナ禍に見舞われている沖縄県。現地は今どうなっているのか。徹底取材した。/文・鳥集徹(ジャーナリスト) <この記事のポイント> ●今年8月、沖縄県の人口10万人当たりの新型コロナ陽性者数は「日本最多」の状況が続いた ●県内総生産の4分の1を観光業が占めるため、観光客が来ない状況で多くの人が収入源に苦しんでいる ●8月以降の大規模な感染拡大は、外から持ち込まれたウイルスによる可能性が高い 無料の集団

19