文藝春秋digital

海の見える本屋をはじめて|あかしゆか

海の見える本屋をはじめて|あかしゆか

文・あかしゆか 京都出身、28歳。大学時代に本屋で働いた経験から、文章に関わる仕事がしたいと編集者を目指すように。 現在はウェブ・紙問わず、フリーランスの編集者・ライターとして活動をしている。2020年から東京と岡山の二拠点生活をはじめ、2021年4月、瀬戸内海にて本屋「aru」をオープン。 今年の4月、岡山県の瀬戸内海沿いにある児島という街で、海が一望できる小さな本屋を開店した。 普段は東京でフリーランスの編集者やライターとして働く私は、月のうち3週間を東京で過ごし、残

スキ
116