マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#データ分析

数字の科学 昨季メジャーリーグの本塁打数|佐藤健太郎

サイエンスライターの佐藤健太郎氏が世の中に存在する様々な「数字」のヒミツを分析します。 今回の数字:昨季メジャーリーグの本塁打数=6776本以前の本連載で、データ解析が米国の野球界に革命をもたらしていると書いた。その目に見える最も大きな変化が、大胆な守備位置の変更だ。打者の過去の打撃データに従って、遊撃手を2塁の右側で守らせたり、2塁手を外野まで下がらせたりなど、大きく守備位置をシフトさせるのだ。これによって、かつてであれば当然ヒットになった打球が、内野ゴロとして処理される

スキ
6