マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#女子アナ

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
8

クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物|ビジネスパーソンの1日の最後を締めくくる、番組の顔は?

【ヒント】 ビジネスパーソンの1日の最後を締めくくる、番組の顔は?「母は毎晩必ず、3人の子どもに好きな本を1冊ずつ読み聞かせしてくれました。最後は疲れてうとうとしながら(笑)。おかげでみんな、本好きに育ちました」 子どもの頃読んだ『水滸伝』が大好きで、中国や東洋哲学に興味を持ち始め、大学時代は漢文学を専攻。北京に語学留学もした。 「中国滞在中に北朝鮮のミサイルが発射されるという事件があったのですが、中国では全く報道されない。それを契機に報道の裏側を自分の目で見たいと思

スキ
5

クイズ「私は誰でしょう?」――小さな大物

【ヒント】 元フジテレビアナウンサーとして活躍、グレイヘアブームの火付け役は? 皆さん、分かりましたか? 答えは…… ◆近藤サト こんどう・さと 1968年7月11日生まれ ナレーター  小学生の頃から、意思のはっきりした少女だった。 「仏像が好きで、自分の部屋には広隆寺の弥勒菩薩の写真を飾っていました。ちょっと変わった子だねと両親も心配していたと思います」  1991年、フジテレビに入社。報道番組・情報番組のナレーション等を担当したが、女子アナとしてどう生きる

スキ
9