文藝春秋digital

「大衆天皇制」の崩壊 今こそ美智子さまのお言葉をお聞きしたい 御厨貴・林真理子
+6

「大衆天皇制」の崩壊 今こそ美智子さまのお言葉をお聞きしたい 御厨貴・林真理子

御厨貴(東京大学名誉教授)×林真理子(作家) 象徴天皇制を揺さぶる問題 林 眞子さまと小室圭さんのご結婚がついに実現しそうだ、とどこへ行ってもその話題で持ち切りです。世間では“駆け落ち婚”なんて言われているようですね。 御厨 急転直下で年内結婚、と相成りそうですね。 林 お二人の婚約内定の発表からこの4年間は、大変な大騒ぎになっていましたし、各々の皇室観や結婚観をめぐって国内が分断されているような状態です。現在に至っても、必ずしも祝福ムードにはなっていないように見えます

スキ
19
眞子さま ご結婚へ「小室さんは素晴らしい男性です」真剣な訴えに宮内庁長官は…… |本誌取材班
+7

眞子さま ご結婚へ「小室さんは素晴らしい男性です」真剣な訴えに宮内庁長官は…… |本誌取材班

文・本誌取材班 「問題点は出尽くした感がある」この9月で、秋篠宮家の長女眞子さま(29)のご婚約内定会見からまる4年。お相手の小室圭さん(29)に関するさまざまな批判から、ご結婚への動きは頓挫したかのように見える。だが、ある皇室関係者は、最近になって、ご結婚に向けた動きが出てきたとして、こう明かした。 「宮内庁が眞子さまと小室さんの結婚話に対して強く反対しているとか、このままうやむやにしようとしているということは決してありません。世間では、まだそう捉える向きが多いかもしれ

スキ
79
紀子さまと小室佳代さん 1966年、丙午生まれの私たち|酒井順子

紀子さまと小室佳代さん 1966年、丙午生まれの私たち|酒井順子

眞子さまの母と小室圭さんの母、そして私は同じ年に生まれた。/文・酒井順子(エッセイスト) <summary> ▶働くことの充実感を知っているプリンセスと、社会に出ずに婚家へ入ったプリンセスという意味において、雅子さまと紀子さまのカラーははっきりと分かれた ▶60年に1度巡ってくる丙午に生まれた女の子は男を食い殺す、といった迷信のせいで、我々が生まれた年は前後の年と比べて、出生率がガクッと下がっている ▶紀子さまと佳代さんという丙午の2人は、タイプは異なるものの、それぞれ並外

スキ
23
28枚の小室文書が晒した「眞子さまの危うさ」
+6

28枚の小室文書が晒した「眞子さまの危うさ」

小室さんの「勘違い」が令和皇室にもたらすものとは? ▼座談会出席者 江森敬治(毎日新聞編集委員) 片山杜秀(慶應義塾大学教授) 河西秀哉(名古屋大学准教授) 山口真由(信州大学特任教授・法学博士) <summary> ▶︎要するに、小室さんが公表した文書は「国民に向けての文章」ではない。国民にわかってもらおうとする文書ではない ▶︎小室さんの考える法律論と、日本社会に根づくより広義の“貸し借り”の感覚に決定的なズレがある ▶︎眞子さまが小室さんと結婚すれば、お二人はいず

スキ
49
眞子さま、小室圭さんへの「不滅の愛」
+6

眞子さま、小室圭さんへの「不滅の愛」

猛反対の父・秋篠宮がついに結婚を認めた——。/文・友納尚子(ジャーナリスト) <この記事のポイント> ▶︎眞子さまと小室さんの結婚への堅い意志は、何があっても揺らぐことがない ▶︎眞子さまのご結婚がここまでこじれた原因は、秋篠宮家の自由を重んじる教育方針が災いした、という意見もある 歌会始で恋の歌を発表 「色々とありましたが、自分を信じて進んで参りたいと思います」 1年が終わりに近づこうとしていた11月末、秋篠宮皇嗣殿下の長女、眞子内親王殿下(29)は、かねてから相談な

スキ
55
【真相レポート】眞子さまは、小室圭さんを諦めない!
+10

【真相レポート】眞子さまは、小室圭さんを諦めない!

2020年、眞子さまは20代最後の年を迎えられる。だが、小室圭さんとのご結婚話は以前として進展はない。当初は歓迎してくれていた母・紀子さまの“変心”に眞子さまは反発しているという。/文・本誌編集部 痩せた秋篠宮さま〈昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております。(略)(長女の眞子さまと)結婚のことについては話をする機会はありません〉  2019年11月20日、皇嗣殿下として初めての誕生日会見で、秋篠宮さま(

スキ
334