マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#検察

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

吉永みち子「鬼の熊ちゃんのこと」

文・吉永みち子(ノンフィクション作家) ある朝のこと。友人の大澤孝征弁護士から電話が入った。 「熊ちゃんが亡くなったって。今、連絡があった」 声がうろたえていた。私も信じられずに呆然としていた。熊ちゃんとは、熊﨑勝彦さん。巨悪と戦う鬼の東京地検特捜部長で、退官後は日本野球機構のコミッショナーとしても活躍していた人である。 巨額脱税事件やゼネコン汚職や大蔵省接待汚職事件に検事として辣腕をふるっていた頃は、コラムなどで頑張れ熊さんと遠くから応援していたが、実際にお目にかか

スキ
4

新聞エンマ帖 戦争報道の「国際格差」、甲子園誤審、検察批判を恐れるな

★戦争報道における「国際格差」ロシア軍の戦車隊が市街地を驀進する光景が鮮明に映ったかと思えば、ウクライナのゼレンスキー大統領が各国議会でリモート演説を行う様が流れる。まさに新旧の「戦争」がせめぎあう状況だ。 これをどう読み解けば良いか、新旧の戦いの帰趨を決めるポイントは何か。そうした補助線を引く仕事を新聞には期待するが、その点では日経が月、水、金曜付朝刊に掲載する英フィナンシャル・タイムズのコラムや記事が頭抜けている。 例えば「兵器になるネットワーク」と題された3月11日

スキ
4

霞が関コンフィデンシャル<官界インサイドレポート>

日本を動かすエリートたちの街、東京・霞が関。日々、官公庁を取材する記者たちが官僚の人事情報をどこよりも早くお届けする。