マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#資産運用

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

4月7日(水)18時〜LIVE配信|気鋭のエコノミスト・門倉貴史さんに聞く 「コロナショック後の日本経済の行方と資産運用」

◆文藝春秋「資産形成セミナー」開催趣旨日経平均株価がついに1990年8月以来、3万円(2021年2月15日の終値)を回復しました。 日本国内における新型コロナワクチンの接種開始、2020年10~12月期の市場予想を上回るGDP、諸外国の大型景気対策への期待の高まりなど、ようやくコロナショック後の経済回復の兆しが見えてきているのではないでしょうか。 一方で、想定以上の株価の上昇に「過熱感」を警戒する声も多く、今後の日本経済の行方を注視しながら、慎重に資産形成の舵取りを進めて

スキ
2

3月5日(金)13時30分 |五木寛之さんご登壇!  Withコロナ時代、われわれはいかに生きるべきか「 元気な今こそ考える安心の資産運用とは」~文藝春秋資産運用オンラインセミナー~

長寿時代を迎え、多くの人々が加齢に伴う様々な不安を抱えています。インフレや増税、認知症リスクなど…Withコロナ時代、激動の今、われわれはいかに生きるべきなのか。またこの時期にこそ考える資産運用のポイントとは何か。文藝春秋が読者の皆様だけにお届けするプレミアムセミナー、今回はオンラインにて開催致します。 ✳︎✳︎✳︎ ◆講演のご案内【基調講演】 いまを生きる力 五木寛之さん 作家 1932年、福岡県に生まれる。戦後、北朝鮮より引揚げ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。1

スキ
6

【オンラインセミナーレポート】文藝春秋 新春・資産形成オンラインセミナー |激動の2021年「経済展望」と「税金対策・資産運用」

2021年1月13日(水)、さらなる激動が予想される現在の状況下における「経済展望」と「税金対策」「資産運用」について2人のプロフェッショナルが説くオンラインセミナーが行われた。アフターコロナを勝ち抜くテクニックとは? まず、特別講演の講師として登壇したのは、獨協大学教授・経済アナリストの森永卓郎氏。さまざまなメディアで活躍する森永氏は、「国際経済情勢と日本経済の行方」というテーマでトークを繰り広げた。 2021年の経済動向について語る、獨協大学教授・経済アナリスト 森永

スキ
3

森永卓郎さん登壇! 激動の2021年を勝ち抜く「経済展望」と「税金対策・資産運用」 【1月13日(水)開催】 文藝春秋 新春資産形成オンラインセミナーを開催します

◆開催趣旨日経平均株価はバブル期以来の高値を更新し、2021 年はコロナ禍からの復活と成長を加速させる年になるとの期待が高まっています。 「ニューノーマル」といわれる新たな時代を迎え、価値観の再創造が進む中、人生をいかに豊かにしていくかといった「ライフプラン」 「資産形成」などに思いを巡らせている方も少なくないのではないでしょうか。 そこで本セミナーでは2021 年を新たな時代を勝ち抜く資産形成の「スタートライン」と位置づけ、20~50代のお客様を対象に、国内外の経済展望

スキ
5

世界経済の革命児 ラリー・フィンク|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、ラリー・フィンク(Laurence D. Fink、ブラックロック会長兼CEO)です。 ラリー・フィンク 「強欲資本主義」の中心で「環境保護」を叫ぶ「フィンク・レター」なるものをご存知だろうか。運用資産残高約824兆円(2020年9月末時点)、世界最大の資産運用会社ブラックロックの会長兼CEO(最高経営責任者)ラリー・フィンク氏が、毎年、投資先企業のCEOに送ってい

スキ
4

国税OBが教える「相続」 誰もがはまる相続の「落とし穴」とは?

税務署は忘れた頃にやって来る。たとえ少額でも、申告漏れがあれば、追徴課税される可能性がある。そんな時、どうしたらいいのだろうか?/文・坂田拓也(ジャーナリスト)

スキ
2

経済評論家の山崎元が教える「買ってはいけない投資信託&保険」

大切な資産を人に運用させるのには当然金がかかる。「手数料ほどバカバカしいものはない」と山崎さんは語る。リスクを抑え、正しい投資を実践しよう/文・山崎元(経済評論家)

スキ
6

年金と運用「職業別」18のシンプル・ルール

「もはや年金だけには頼っていられない。とはいえ、自己資産はそこまでないし…どうすればいいの?」こういう悩みを抱えている人は多いはず。また、退職金を投資に回して大失敗したという話もよく聞くだろう。だが、老後資金は増やすも減らすもあなた次第だ。そして、成功に導くためのルールも極めてシンプルなのだ。/文・田村正之(日本経済新聞編集委員)

スキ
2