マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#日ハム

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班

文・鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 “球界の常識”を打ち破るビッグボス 5月25日、神宮球場でのヤクルトとの交流戦。2夜連続でサヨナラ負けを喫した北海道日本ハムファイターズ・新庄剛志監督は、珍しく怒りを露わにした。試合後、ベンチからレフト側の出口へと向かう道中、ブルペンのマウンドを蹴り上げる。 「ある? こんなゲーム。あんなミスしていたら一生上に上がっていけないよね」 囲み取材でも、走塁ミスの清宮幸太郎内野手に苦言を呈し、「まあでも、終わってしまったことは仕方な

スキ
24

ボクだけが知る新庄剛志 亀山つとむ

阪神入団時は角刈りパンチパーマでした。/文・亀山つとむ(野球解説者) 亀山氏 選手を見る目は確か(笑) いま振り返ると、あの日がBIGBOSSへの“第一歩”だったのかもしれません。 2021年2月12日、沖縄・宜野座村野球場。解説者としての仕事で、僕は阪神タイガースの春季キャンプの視察をしていました。バックネット裏のスタンド席から練習を観ていると、いつにも増して報道陣の数が多い。それを見て、数日前、アイツが宜野座にやって来るのではと噂になっていたのを思い出しました。

スキ
13

斎藤佑樹 涙に濡れたハンカチ 石田雄太

最後の登板で涙腺を崩壊させた栗山監督の言葉。/文・石田雄太(スポーツジャーナリスト) 最後のピッチング斎藤佑樹は溢れる涙を拭おうともせず、ベンチに座っていた。 2021年10月17日、札幌ドーム。すでに今シーズン限りでの引退を表明していた斎藤は、この日、現役最後のマウンドへ上がった。プロ11年、これが89試合目の登板だった。右ヒジと右肩を痛めて思うように投げられずにいた斎藤が1軍の試合で投げたのは2年ぶりのこと。1人の打者を相手に7球を投げて、彼のプロ野球人生は幕を下ろし

スキ
8