マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#プロ野球

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

長嶋茂雄初告白「天覧試合」秘録 陛下と皇后さまの姿を見た時、「野球をやっていてよかった」と 鷲田康(ジャーナリスト)

文・鷲田康(ジャーナリスト) プロ野球がスポーツ振興の土台だった2021年11月3日。皇居・宮殿で文化勲章の親授式が行われ、巨人軍終身名誉監督・長嶋茂雄ら6人の出席者に天皇陛下から直接、勲章が贈られた。 当日、親授式に同席した長嶋の次女・三奈が取材に答えたところによると、陛下は長嶋に「野球を長い間やってこられたので、良かったと思います。実際に私も野球の経験があるので嬉しいです」と親しく語りかけたという。 実は陛下と長嶋には野球を巡りちょっとした縁がある。 陛下は子供時

スキ
4

ボクだけが知る新庄剛志 亀山つとむ

阪神入団時は角刈りパンチパーマでした。/文・亀山つとむ(野球解説者) 亀山氏 選手を見る目は確か(笑) いま振り返ると、あの日がBIGBOSSへの“第一歩”だったのかもしれません。 2021年2月12日、沖縄・宜野座村野球場。解説者としての仕事で、僕は阪神タイガースの春季キャンプの視察をしていました。バックネット裏のスタンド席から練習を観ていると、いつにも増して報道陣の数が多い。それを見て、数日前、アイツが宜野座にやって来るのではと噂になっていたのを思い出しました。

スキ
13

沢村栄治 解雇された悲運のエース 酒井美緒 100周年記念企画「100年の100人」

戦死した天才投手、沢村栄治(1917~1944)。一人娘が、沢村の評伝を書いた作家の太田俊明氏に父について語った。/文・酒井美緒(長女) 父と母が結婚したのは、父が最初の出征から帰った昭和16年です。母は愛媛で事業を幅広く手がけていた会社の創業家に生まれたので、職業野球の選手との結婚には反対もあったそうです。母によると、父はバッテリーを組んでいた内堀保さんや、同じ時期に巨人軍へ入団したスタルヒンさんと仲が良く、母も「スタさん」と呼んでいました。 お酒はほとんど飲みませんで

スキ
1

長嶋茂雄 「ディマジオになれ」 松井秀喜 100周年記念企画「100年の100人」

日本のプロ野球界が生んだ最大のスター長嶋茂雄(85)。松井秀喜氏は巨人軍在籍時代、素振りの特訓を受け、打撃を開花させた。/文・松井秀喜(元プロ野球選手) 松井さん 20年間におよんだプロ野球生活で、わたしがいちばん印象に残るのは、“監督”長嶋茂雄さんに見守られながら素振りをした貴重な時間です。場所はホームゲームなら東京ドーム、遠征先ならホテルのスイートルーム。スランプに陥った時は試合後に大田区田園調布のご自宅。ご自宅の地下には“監督”が選手時代に鬼の形相でバットを振った素

スキ
5

にっぽんいち! つば九郎

文・つば九郎(マスコット) 東京ヤクルトスワローズのマスコット、つば九郎です。 原宿でスカウトされ入団、デビュー28年目になります。普段は平仮名による筆談なので、編集部に代筆してもらっています。 ブレークは、8年目の2001年。その年に入団した、ラミレスがホームランを量産し、打った後のパフォーマンスで、志村けんさんのアイーンなどを一緒にやったんです。それが話題となり、ラミちゃんのおかげでつば九郎バブルがきた。今ではグッズ売上1位です。 2021年の契約は年俸2万80

スキ
13

【追悼・野村克也】 「ノムラの考え」球界最強野球脳は、こうして創られた

「野球は『頭』でやるものだ」という野村克也の野球哲学は、いかにして作られていったのか。選手としても、監督としても、王・長嶋ほどの輝きはなかった野村が“球界最強脳”と呼ばれる由縁を、記者として担当した筆者が解き明かす。/文・本城雅人(作家) 評論で批判を一掃野球人に限らずたくさんの人を楽しませ、生涯で150冊を超える著書を出した野村克也が、野球界からもメディアからもそっぽを向かれた時期があった。2001年、妻・沙知代が脱税容疑で逮捕され、阪神の監督を辞任した後のことだ。マスコ

スキ
12

原辰徳監督インタビュー「巨人軍は必ず日本一を奪還する」

日本一はならなかったものの、巨人軍は5年ぶりのリーグ制覇を果たした。監督に返り咲き、その年に優勝に導いたチームマネジメント術を明かした。文・原 辰徳(読売ジャイアンツ監督)/取材・構成=鷲田 康 「五輪書」と「孫子の兵法」を読んだ 人が人生や仕事で見る風景は変わりませんが、その風景を見る心境はその時々で随分と変わっていきます。  2002年に最初に私が巨人軍の監督に就任したときは長嶋(茂雄)監督の下でコーチを3年間やって、そのままチームを引き継ぎ、どっぷり野球人の監督でし

スキ
14